プロモーション設定をして売上アップしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品を仕入れて出品したけど、
ライバルセラーが多くて、みんなが同じ最低価格で出品しているから、
なかなかショッピングカートを獲得が出来ない・・・なんて時もあると思います。

そんな時に少しでも売れやすくしたり、
ショッピングカートを獲得しやすくしたいと思います。

そんなときにおすすめするのがプロモーション機能です。

プロモーション機能とは?

まずは基本的なところから・・・。

プロモーションとは・・・
宣伝 – 提供する商品やサービスを、その特長も含めて一般大衆に知ってもらおうとする活動の事。
マーケティングミックスの4P理論の一つで、販売促進活動のこと。広告はそのひとつ。

引用:Wikipedia

いわゆる少しでも購入されやすくするための販売活動の事です。

実際にAmazon上でのプロモーション機能を設定した場合に、
どのようになるのかを見てみましょう。

Amazonプロモーション設定

このような出品者オリジナルのプロモーションを設定することが出来ます。

このプロモーションの設定は出品しいているセラーであれば、
誰でも簡単に設定する事が出来るようになります。

プロモーション設定の設定例

プロモーション設定では以下のようなプロモーションを設定する事が出来ます。

  • 配送料無料
  • 購入割引
  • 1点購入でもう一点プレゼント

配送料無料の具体例

○点購入で配送料無料

購入割引の具体例

○円以上のお買い上げで○%割引
○点以上のお買い上げで○%割引
○点以上のお買い上げで○円割引

1点購入でもう1点プレゼント

○円以上のお買い上げでもう一点プレゼント
○点以上のお買い上げでもう一点プレゼント

詳細のオプション設定をする事で、
対象除外商品の設定や、
「1点のお買い上げで1%割引、3点のお買い上げで3%割引」などの更に細かい設定をする事も可能です。

なんで売れやすくなったり、ショッピングカート獲得がしやすくなるの?

このような割引もしくはお得なプロモーションをしていれば売れやすくなるのは何となく理解してもらえるのではないかと思います。

しかし、なぜショッピングカートが獲得しやすくなるか?というのは分からない方もいるかと思います。
これに関しては私の予想と実体験に基づいた経験によるものです。
(※Amazonが公式にショッピングカートが獲得しやすくなるとは発表していません。)

例えば以下のような例を参考に考えてみましょう。

 

【Aセラー】新品 FBA出品 出品価格:1000円
【Bセラー】新品 FBA出品 出品価格:1000円 プロモーションで2点以上の購入で5%割引

 

上記のようにコンディション、出荷方法、出品価格が同列の場合、
Bセラーのようにプロモーション設定をしているセラーの方が少しはショッピングカートが獲得しやすそうだと思いませんか?

しかも、これらのプロモーション設定は、
ほとんど(100%?)の自動価格改定ツールでは価格追従の対象としていません。

それなので価格やポイントは自動価格改定ツールで追従されてしまいますが、
プロモーション設定に関しては追従されないので、
同じ商品を同じコンディションや同じ価格で出品をしていても差別化をしやすいのです。

実際に私の経験上でも、
ショッピングカートを取得しやすくなりました。
(もちろんショッピングカート獲得には他の要件も関わってくるので絶対獲得できるわけではありません。)

このような理由からプロモーションを設定する事によって、
売れやすくなったり、ショッピングカート獲得に繋がります。

プロモーション設定の設定方法

  1. セラーセントラルにログインします。
  2. 設定したいプロモーション項目の「作成」をクリック
    Amazonプロモーション管理
  3. 各項目を設定していきます。(各項目詳細は以下で説明します。)
  4. 各項目を入力したら「プレビュー」をクリック
  5. プレビューで問題が無いようであれば「送信」をクリック

これでプロモーション管理の設定は完了です。

プロモーション設定時の項目の説明

プロモーションを設定する際の各項目について説明をしたいと思います。
(上記の③の項目の部分の説明です。)

今回は「購入割引」のプロモーション設定の項目についてご紹介します。
他のプロモーションも基本的には設定の内容はほぼ同じなので参考にしてください。

ステップ1:条件

プロモーション設定-ステップ1:条件

ステップ1:条件について一つずつ説明していきます。

適用条件

プロモーション設定-適用条件

購入最低額(¥)・・・○円以上のお買い上げで○%割引という設定をしたい時に選択 横の欄:金額を入力
購入数量ごと・・・○点以上のお買い上げで○%割引という設定をしたい時に選択 横の欄:数量を入力

購入商品
プロモーション設定-購入商品

購入商品はプロモーションを適用する商品を
「カタログ全体(出品しているすべての商品)」か「その他から選択(選択した商品のみ)」にするか選ぶことが出来ます。

カタログ全体を選択しない場合は、
商品セレクションリストの作成をしましょう。

【商品セレクションの作成方法】

作成リスト項目を選択します。

プロモーション設定-セレクション作成

一つずつの商品を登録したい場合は、
SKUリストもしくはASINリストを選択。

カテゴリやブランドなど一括して商品を登録したい場合は、
ブラウズノードIDリストもしくはブランド名リストを選択してください。

一つずつの商品とカテゴリやブランドの商品を合わせて登録したい場合は、
「商品セレクションの組み合わせ」を選択してください。

選択したら「商品セレクションを作成」をクリック

商品セレクション作成

商品セレクションの名前/トラッキングID:

自分が管理しやすいようにセレクションの名前を決めて入力します。
自分が分かりやすい名前をつけておくと良いです。

内部向けの説明:

自分が管理する際に分かりやすいように説明(コメント)を入力してください。

ASINリスト:

ここにこのセレクションに入れるASINコードを一つずつ入力していきます。
最大で4000個まで入れれます。

入力の際には、
改行、スペース、カンマ、セミコロンのいづれかで区切ってください。

入力例:B01NC●FWIZ,B01N●QLLT3,B07●Y35VK4
(※●は伏せ文字です。)

これが入力できたら「送信」をクリックします。
これでセレクションが作成されました。

プロモーション内容

プロモーション内容

割引額(¥)・・・100円割引の場合は「割引額(¥)」を選択して横の枠に「100」と入力
割引率(%)・・・5%割引の場合は「割引率(%)」を選択して横の枠に「5」と入力
全商品点数について固定価格(¥)・・・購入商品すべてに対して100円引きの場合は横の枠に「100」と入力

次に適用

次に適用

購入商品・・・購入商品で適用した「全商品」もしくは選択した「セレクション」に適用する場合に選択
適用商品・・・ここで選択した商品のみに適用する場合に選択(適用商品を選択すると入力欄が表示されます。)

割引の適用方法

商品購入・・・商品が購入された場合に割引が適用されす。
最低価格・・・割引額が最低価格の商品と同一の割引額になります。
(例:100円、3000円、1000円の3点の商品を購入された場合、最低価格である100円と同額の100円が割引になります。)

ここでは基本的には「商品購入」を選択される事をおすすめ致します。

ステップ2:実施時期

開始日、終了日:プロモーションの開始日時と終了日時を設定してください。
出品者内部向けの説明:こちらは自分で管理しやすいような説明(コメント)を入力してください。
プロモーショントラッキング:こちらも自分が管理しやすいようなトラッキングIDを設定してください。

ステップ3:追加設定

追加設定

プロモーションコード

クーポンの発行機能のようなものだと思ってください。

1回限り・・・1回限り使えるプロモーションコード(クーポン)の発行が出来ます。
グループ・・・数量制限が無い何度でも使えるプロモーションコード(クーポン)が発行できます。(利用する時は注意してください。)
なし・・・プロモーションコード(クーポン)の発行は無し

独自メッセージ

自動でメッセージが表示されますが、
プロモーションをお客様に分かりやすいように自分で変える事も出来ます。

項目の入力お疲れさまでした。
プロモーションを有効活用していきましょう。

 

さいごに

実際に私もプロモーションは活用しています。
また、一番最初に使った時は注文数が増えた感じがしました。

しっかりは計測をしなかったので、
正確な数字は分かりませんが、
体感としては注文が増えたました。

プロモーション設定をする事で、
売れやすくなり、恐らくショッピングカートも取得しやすくなるので、
設定していない方は設定を検討されると良いと思います。

プロモーション設定をして売上アップをしていきましょう。

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です