WordPressのパーマリンクのSEOに最適なおすすめの設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressでブログをやっている人で、
記事のURLが長いなぁ・・・とか日本語になっているけど大丈夫?

なんて感じている方も多いのではないでしょうか?

もしそうやって気になっている方には、
読んでいただきたい内容です。

パーマリンクの最適な設定方法についてご紹介していきたいと思います。

パーマリンクとは?

パーマリンクとは各ページに対して与えられているURLの末尾の事です。

下記の画像の部分をパーマリンクと言います。
パーマリンクとは

Google(検索エンジン)の推奨するパーマリンクとは?

パーマリンクについては、
Googleも公式のガイドラインで関連ある分かりやすいシンプルなURLが良いと公表しています。

下記を参考にしてください。

Googleヘルプ:シンプルなURL構造を維持する

日本語ドメインがSEOに効果があるなどと言われていますが、
上記のGoogleヘルプを見る限り、短くて関連のあるパーマリンクに設定した方が良いと思います。

もちろん日本語ドメインも短くて分かりやすい形にはなっていますが、
URLを貼りつけるとすごく長いURLになるので、
そういった意味でも英数字で短くて分かりやすいパーマリンクの設定にすることをおすすめします。

WordPressのパーマリンク設定について

WordPressのパーマリンクは初期設定では下記画像の「基本」に設定されており、
「http://●●●.com/?p=123」というようなページに番号が振られる形になります。

Wordpressパーマリンク

これではGoogleが推奨する「短い」という条件は満たしていますが、
「分かりやすく関連ある」という条件を満たしていません。

そのため、おすすめのWordpressのパーマリンクは
「カスタム構造」にチェックを入れて「/%postname%」もしくは「/%category%/%postname%」にすることをおすすめします。

こうする事で各記事毎にパーマリンクを自由に変更する事が出来ます。

詳しいパーマリンクの設定の仕方はこちらを参考にしてください。

WordPressをインストールした後にやっておきたいおすすめの初期設定とは?

途中からパーマリンクの変更はしても大丈夫?

WordPressのパーマリンクの設定自体は変更しても大丈夫ですが、
実際のパーマリンク(URL)自体は変更しない方がおすすめです。

なぜかといいますと、
既にそのパーマリンクにリンクされていたりすると、
パーマリンクを変更する事によってリンク切れした状態となってしまいます。

せっかく今まで評価されてリンクをもらっていた記事が、
リンク切れで逆に評価を下げる事にもなりかねません。

そういった理由から、
本来であればパーマリンクに関しては、
WordPressを立ち上げてすぐに設定した方が良いです。

カスタム構造にすると毎回パーマリンクを手入力する必要がある?

これは毎回、手入力の必要が出てきてしまいます。
ただ、これも読者の方のユーザビリティを高めるための施策になるので、
手間を惜しまずにやりましょう。

そういったちょっとした手間が、
ユーザビリティーを高めて、
リンクしてくれたりアクセスアップにつながると思います。

逆に書き換えないと、
日本語ドメインになってしまい、
長いURLになったり、「%」などがURLに入ってしまいよろしくない状態になります。

WordPressで「カスタム構造」でパーマリンクを設定した場合、
手間でも毎回手作業で変更しましょう。

さいごに

パーマリンクの設定は多少の手間がかかりますが、
それを惜しんでもやった方が個人的には良い気がします。

Googleが公式で発表しているリンク構造に沿った作りにすることが、
SEOの強化にもつながると思います。

小さな差ですが、
こういった小さな差を積み上げていくと気が付いた時には大きな差になります。

 

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください