FBAマルチチャネルの使い方をご紹介!他の販路で販売しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FBAマルチチャネルは他の複数販路で商品を販売する為に有効なサービスです。

FBAマルチチャネルについては詳しくはこちらで紹介していますので参考にしてください。

FBAマルチチャネルとは?複数販路での販売が可能に!?

無地のダンボール申請をしよう!

FBAマルチチャネルを使用する際は、
何も申請をしないとAmazonのロゴ入りダンボールで商品が発送されてしまいます。

そうすると他のモール(楽天、ヤフオク、Yahooショッピングなど)で購入したお客様が、
「あれ?Amazonで購入した覚えはないぞ!?」という事にもなり兼ねません。

そこでFBAマルチチャネルでは申請をすれば無地のダンボールで発送をしてもらう事が可能になります。

無地のダンボールの利用は、
費用は発生せず無料で利用する事が可能です。

 

以前は、利用できるFC(Amazon倉庫)が限られていたのですが、
今は全てのFC(Amazon倉庫)が対応しているので、
申請をするだけで無地のダンボールを使用する事が出来ます。

無地のダンボール利用の申請方法

  • こちらのAmazonヘルプページを開く
  • ページの真ん中あたりに「こちら」とあるので開いてテンプレートをコピーする
    無地ダンボール申請

    【無地ダンボール申請のメールテンプレート】

    メール宛先 : [email protected]

    件名:無地ダンボールでのマルチチャネルの出荷希望

    本文:

    無地ダンボールでのマルチチャネルの出荷を希望します。

    ①出品者様の正式名称 – 「       」
    ②Eメールアドレス  – 「       」

    (セラーセントラルの出品用アカウント情報に登録されている①出品者様の正式名称、②Eメールアドレスを上記に記載の上、送付お願いいたします。)

  • テンプレートの必要事項を埋めて、[email protected]宛にメールを送信

これで無地ダンボール利用の申請は完了です。
数日中に承認されれば利用する事が出来ます。
(不備があると申請が通らない場合もあります。)

納品書に記載する店舗名・コメントを編集しよう

納品書に記載する店舗名とコメントは自分で決める事が出来ます。
設定をしていきましょう。

  • 「設定」 → 「FBA設定」をクリック
    FBA設定
  • マルチチャネルサービスの設定の「編集」をクリック
    FBAマルチチャネルサービスの設定
  • 出品者名とテキストの欄に入力して「更新」をクリックFBAマルチチャネル店舗名編集

Amazonから送られて来たと勘違いされないような内容をしっかりと記載しておきましょう。

実際にFBAマルチチャネルを利用してみよう!

無地の段ボールの申請が出来たら、
実際にFBAマルチチャネルを利用してみましょう。

FBAマルチチャネルを使うには、
まずは他の販売経路で商品を販売する必要があります。

楽天、ヤフオク、Yahooショッピング、メルカリ等で販売を開始してください。

他のモール等で商品が売れたらFBAマルチチャネルの出荷指示をします。

FBAマルチチャネルの出荷指示の仕方

  • セラーセントラルにログインする
  • 「在庫」 → 「在庫管理」をクリック
    在庫管理
  • FBAマルチチャネルで出荷したい商品にチェックを入れて「詳細の編集」をクリック
    FBAマルチチャネル出荷指示
  • 「詳細の編集」 → 「FBAマルチチャネルサービス依頼内容を新規作成」をクリック
    FBAマルチチャネル出荷
  • 発送先住所(お客様住所)と発送商品・個数の必要項目を入力して「続ける」をクリック
    FBAマルチチャネル発送指示
  • 発送オプションを選択して、配送先、見積もり額に間違いが無いか確認して、
    問題が無ければ「内容を確定」をクリック
    FBAマルチチャネル発送オプション

これでFBAマルチチャネルの発送指示は完了です。
Amazonにて出荷作業が行われます。

Amazonが出荷完了次第、
メールが届きます。
そちらのメールに「配送業者」と「送り状番号」が記載されています。
メールが届き次第、お客様に発送完了メールをしましょう。

配送業者や送り状番号等の配送状況はこちらの方法でも確認ができます。
参考にしてみてください。

FBAマルチチャネルで発送したけど、ちゃんと配送されているの?FBAマルチチャネルの配送状況の確認方法

FBAマルチチャネルで発送する際の注意点

FBAマルチチャネルで発送する際の注意点ですが、
上記で記載したような点以外にも注意しなければいけない点があります。

それは「他のモールでの販売価格」です。
過去に一度でもAmazonで注文したことがあるお客様からすると、
無地のダンボールにしても、納品書を編集しても、Amazonから送られてきているのが分かると思います。

そうなると「Amazonで販売している」という事も分かってしまう可能性が高いのです。
もしAmazonで販売しているのでは?と思われて商品を調べたら、
他のモールで販売していた価格よりAmazonでの価格が安かった・・・となると、
悪い評価を付けられたりする可能性もあります。

その為、理想を言えば、他のモールでの販売価格は
Amazonでの販売価格同等もしくはそれより安い価格で販売する事をおすすめします。

ただ、そうは言ってもなかなか難しい場合もあるとはお思います。

参考までに私の実体験をお伝えします。

実際にAmazonと他の販路で別々の価格で販売していますが、
今の所はクレームがきた事はありません。悪い評価もありません。
(別々の価格で販売しているというか価格改定ツール等を使っているので「価格が変わってしまう…」という表現が正しいかもしれません。)

ただ正直なところ、これに関してはある程度のリスクを感じているのはいなめません。

実際に実店舗などでも店舗毎に価格が違うというのはよくあることなので、
別に大丈夫と言えば大丈夫かもしれませんが、
ネットの場合だとすぐに調べる事が出来てしまうのと一方的に評価を書き込めるので、
実店舗と比べるとリスクが高いかもしれないです。

そういった注意点を頭に入れた上で、
FBAマルチチャネルを活用するようにしてくださいね。

まとめ

FBAマルチチャネルの使い方はとても簡単ですし、
1個の商品から使う事が出来ます。

販路が広がるというのは売上アップにもつながるので、
FBAマルチチャネルを有効活用して売上アップをしましょう!

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください