せどりで必須のモノレートの使い方&グラフの見方などの活用方法

Amazonで出品(せどり)をする上で
絶対に必要とも言えるくらいのツールがモノレートです。

モノレートとFBA料金シュミレーターさえあれば、
仕入れ判断はとても簡単になります。

それくらい重要なツールなので、
モノレートの使い方はしっかりとマスターしていきましょう。

では、モノレートの使い方をご紹介いたします。

モノレートの基本機能

まずはモノレートの基本機能についてご紹介いたします。

  • 価格の変動グラフ(最安値)
  • 出品者数の変動グラフ
  • Amazonの販売の有無
  • ランキングの変動グラフ
  • 期間毎の販売情報

これらをグラフを使ってとても分かりやすく見る事が出来ます。

モノレートの使い方

まずはモノレートのサイトを開いてください。

モノレートのサイトはこちら

モノレートのサイトを開いたら、
ASINコード、JANコード、商品名、キーワード等で検索します。

この際にASINコードやJANコードで検索すると一発で検索されやすくおすすめです。
商品名やキーワードだと複数の商品が出てきてしまうので同じ商品か微妙な時がありますが、
ASINコードやJANコードであれば一発で商品を検索する事が可能になります。

モノレート検索

ASINコードやJANコードの調べ方が分からない方はこちらを参考にしてください。

AISNコードって何?JANコードって何?Amazonでよく出てくるコードの探し方とは?

ASINコードを入力してグラフ表示をクリックします。

モノレート検索

すると商品について詳しく書かれたページが表示されたと思います。

モノレートの商品詳細ページの見方

各項目の見方

ではモノレートの商品詳細ページを見ていきましょう。
モノレート商品詳細ページ

【モノレート各項目内容】

①・・・商品名
②・・・現在のランキング順位 [ ]内はカテゴリ名です。
③・・・参考価格
④・・・ASINコード、JANコード等
・・・新品/中古の価格
・・・新品/中古の出品者数
・・・新品/中古のAmazonの出品の有無
「32068 在庫あり」は32068円でAmazonが出品しています。
Amazonが出品していない場合は「ありません」と表示されます。
⑧・・・Amazonの商品詳細ページを開きます
・・・FBA料金シュミレーターを開きます(商品情報を自動入力)
⑩・・・Amazonの商品レビューページを開きます
⑪・・・選択した海外Amazonの商品ページを開きます

この中で良く見たり使うのは、
⑤(価格)、⑥(出品者数)、⑦(Amazonの有無)と⑨(FBA料金シュミレーター)です。

グラフについて

モノレートを利用する上で一番重要と言えるグラフの見方についてご紹介します。

グラフの表示方法変更

モノレートグラフ

「すべて」「新品」「中古」「コレクター」とコンディションの状態に合わせたグラフの表示に変更が出来ます。

期間も「3か月」「6ヶ月」「12か月」「すべて」と選択する事ができます。

ここで結構使うのが「送料」ボタンです。
送料ボタンを押すと以下のようになります。
以下のグラフは同じ商品で同じ期間のグラフです。

モノレート送料項目

「送料」ボタンをクリックする事で「送料別の最安値」と「送料込みの最安値」をグラフ表示できるようになります。

「上下拡大」ボタンはグラフが見にくい際などにクリックする事で上下に拡大します。
グラフ自体は基本的には同じですが、見やすいように拡大されます。モノレートグラフ拡大

グラフの見方

では、実際にグラフの見方についてみていきましょう。

モノレートグラフ

グラフには基本的に大きく分けると4パターンあります。

【グラフのパターン】

  • 安定した一定のグラフ(ほぼ横ばいのグラフ)
  • 右肩上がりのグラフ
  • 右肩下がりのグラフ
  • 乱高下の激しいグラフ

この4つのパターンを各グラフで見ていきましょう。

  【各グラフのパターン別】
「最安値グラフ」

  • 安定した一定のグラフ・・・価格が安定していて値崩れが起こりにくい商品
  • 右肩上がりのグラフ・・・価格が上がっていて商品価値が高まっている商品(プレミアム価格)
  • 右肩下がりのグラフ・・・価格が下がっていて商品価値が下がっている商品、値下げ合戦が起こっている
  • 乱高下の激しいグラフ・・・価格が安定しない為、仕入れの際に特にリスク管理しなければならない商品

 

「出品者数」

  • 安定した一定のグラフ・・・安定した供給のある商品(値崩れ等、値上がり等が起こりづらい可能性)
  • 右肩上がりのグラフ・・・出品者が増えてきているので値下がりしたり売れ行きが悪くなる可能性(状況によっては売れているからライバルが多く参入している可能性も)
  • 右肩下がりのグラフ・・・出品者が減っていて供給が減ってきているのでプレミアム価格になる可能性
  • 乱高下の激しいグラフ・・・乱高下が激しいという事は売れているが新規参入者も多いような商品

 

「ランキング」

ランキングは商品が売れた時に上がります。(グラフは下がります。)
「ランキングが上がった = 売れた」と考えてOKです。

しかも1日数回の計測をグラフしているので、
グラフは比較的、乱高下しているようなグラフになります。

乱高下しているグラフが基本ですが、
全体の動きとして安定しているか、右肩上がりか、右肩下がりか、乱高下の激しいのかを見てください。

モノレートグラフ

安定した一定のグラフ・・・全然売れていないから安定しているか、よほど売れまくっている商品(超高回転商品)
右肩上がりのグラフ・・・ランキング順位が下がってきているので売れゆきが悪くなってきているので注意が必要な商品
右肩下がりのグラフ・・・ランキング順位が上がってきているので売れやすくなっている商品
乱高下の激しいグラフ・・・ランキングは基本的にこのグラフが多いです。全体で見て乱高下が激しい商品は売れたり売れなかったりなので注意が必要です。

 

「モノレートユーザー」

※モノレートは大半がせどらーが使っていると思うのでライバルの注目度と考えると良いかもしれません。

モノレートユーザーのグラフはパターンはそれほど考えずに、
どのくらい注目されているか程度に考えておけば良いと思います。

グラフを大きく分けるとこのようなパターンに分かれます。

ただ、1つのグラフだけで判断をするのは気を付けてください。
基本的に複数のグラフで判断をするようにしてください。

1つのグラフだけで判断すると失敗する事も、
複数のグラフで統括して判断する事によって仕入れ判断の精度が高まる可能性が高いです。

ランキンググラフだけでは販売個数を判断しきれない時は?

ランキングの所でもお伝えしましたが、
商品が売れた時にランキングが上がります。(グラフは下がります。)

という事は、ランキングが上がった数を数えれば、
おおよその商品販売数が分かります。

ただ、数回のグラフの折れ線であれば、
目視で計算もできますが、
あまりに売れている商品でギザギザが激しい商品ですと、
目視では判断する事が出来ずに、どのくらいの商品数が売れているか判断できないと思います。

そんな時に、
このグラフのデータをもとにモノレート上に売れた商品数を数値化してくれるツールがあります。

「モノゾン」という無料ツールです。

モノゾンの使い方等については詳しくこちらに記載しているので、
こちらを参考にしてください。

リサーチ時に何個売れるかな?と迷った時の最強ツール「モノゾン」のインストール&使い方

 

モノレートの表の見方

グラフでおおよその事はわかりますが、
ただ、数字などでもっと細かく見たい時などもあると思います。

そんな時は表を見ると良いです。

少し見づらいですが、
少し大きい変化がある時は斜体太文字で表示されています。
(ただ、そこそこ変化がある時でも斜体文字にならない時もあるので基準はよくわかりません汗)
モノレート斜体文字

 

この表の中でも特に見て頂きたいのは出品者数の減少です。

モノレート出品者減少

「なぜ、出品者数の減少だけ見るの?」と思うかもしれませんが、
基本的に出品者数が減ったという事は「売れた」という事です。
(それ以外にも他の販路で販売した、撤退したなども考えられるので絶対えではありませんが・・・)

この出品者の減少を見る事で、
おおよそどのくらいの頻度で売れているかや、何個くらい売れているかなどを見る事も出来ます。

それとグラフで見ていると新品 / 中古のどちらで売れているか判断が出来ません。

しかし、こうやって表で見る事で新品で売れたのか、中古で売れたのかを見る事が出来ます。

売れた数や新品で売れたかや中古で売れたかも
先ほど紹介したモノゾンを使えばすぐに分かるようになりますが、
この表を見る事で詳細なデーターを見る事が出来るので、
状況に応じて有効活用してみてください。

さいごに

せどりをやる上でモノレートをマスターする事は必須とも言えます。
特にグラフの見方についてはせどりをやっていて知らない人がいないと思えるレベルです。

最初のうちはなかなか慣れない点も多いかもしれません、
何個も何個も見ているうちに感覚的に覚える事が出来るようになります。

まずは色々な商品をひとまずリサーチして、
経験を積むようにしていきましょう。

モノレートが使えるようになれば、
徐々にリサーチを開始して仕入をしていくと良いと思います。

モノレートの使えるようになるのは、
せどらーの第一歩だと思って使えるようになりましょう!

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です