せどりでメーカー・卸問屋仕入をおすすめする理由とは?早くしないと稼げなくなる?

せどりでメーカー・卸問屋をおすすめする理由とは!?

せどりと言うと、
仕入れ先は小売店で仕入れている事が多いと思います。

しかし、小売店での仕入になれてくると、
メーカーや卸問屋から仕入れが気になってくる方もいらっしゃいます。

メーカーや卸問屋をおすすめする理由について書いていきたいと思います。

せどりは異質

一般的な物流であれば、
以下のような感じです。

【一般的な物流の流れ】

  • メーカー → 問屋(1次 → 2次 → 3次・・・) → 小売店 → 購入者
  • メーカー → 小売店 → 購入者

通常であれば、
メーカーや卸問屋から商品を仕入れて販売するというのが一般的な物流の流れなのです。

しかし、せどりは小売店から激安商品を仕入れて販売するという
通常の物流と比べると異質な流れなのです。

逆に言えば、メーカー、卸問屋で仕入れは当然の流れなのです。

私がメーカー、卸問屋仕入をおすすめする理由についてご紹介します。

【メーカー、卸問屋をおすすめする理由】

  • 上流で仕入れる事が出来る
  • 規約等に違反せずにすむ
  • 仕入が安定する
  • 何度もリサーチする必要がなくなる
  • 仕入れ量に応じて、仕入れ価格も交渉可能
  • 他の販路へも展開しやすい

おすすめする理由① 上流で仕入れる事が出来る

メーカーというのは、
その商品を扱う上では基本的には最上流です。

流しそうめんで言うところのそうめんを流す人です。

メーカーから直接仕入れる事が出来るという事は、
流しそうめんの最上流で食べる人と一緒で、
大量のそうめんが流れてきた中で、
誰も箸をつけていない状態でそうめんを取ることが出来るのと同じなのです。

だからメーカーから仕入れれるという事は、
一番利益を得やすい状況にあるのです。
(現実的にはメーカーからの仕入れでも取引量や取引年数によって多少の差はあります。)

卸問屋から仕入れた場合でも、
「メーカー → 卸問屋 → あなた」
となるので、自分の前に1か所はさむだけとなります。

大手メーカーなどでは、
直接取引はどれだけお願いしても難しい場合もあるので、
そういった場合は卸問屋から商品を仕入れる必要があります。

ただ、メーカーや卸問屋どちらから仕入れるにしても、
上流で仕入れる事が出来るようになります。

上流で仕入れる事ができるという事は、
利益率が高まるという事にもなります。

通常の物流であれば、
間に問屋や小売店が入れば入るほど、
そこに各社の利益が乗ってくるので、
どんどん商品価格が高くなってきます。

しかし、メーカーや一次問屋から仕入れる事が出来るようになれば、
間で抜かれる利益分がなくなり仕入れが安くなります。

仕入が安くなれば利益率が高くなり、
あなたの利益が増えて儲かるという事にもつながります。

おすすめする理由② 規約等に違反せずにすむ

例えば、Amazonでは新品の出品には以下のようなコンディションガイドラインがあります。
新品出品ガイドライン

小売店で激安商品の場合、
新品のように販売されていても、実は展示品だったりして多少の傷があったりする場合もあります。

また、Amazonで新品で出品する場合はメーカーの保証が必要ですが、
基本的には小売店で購入した日からがメーカーの保証開始日です。

だからAmazonで販売した際には、
実際にはメーカーの保証日が進んでしまっています。

Amazonから購入した日を保証開始日のようにしているせどらーがいますが、
厳密に言うとアウトです。

お客様が保証を適用しようとしてメーカーに問い合わせた時に、
メーカーがNGと言った途端、
あなたがお客様に保証しなければいけなくなりますし、
それでお客様が許してくれればまだ良いですが、
Amazonにクレームを出したら恐らく一発アカウント削除になります。

知らず知らずのうちにこのような規約違反を犯してしまっているのです。

たぶん、こういった事を軽く考えているせどらーはとても多いです。
いざとなった時にやばい・・・みたいな。
バレないうちはいいですが、バレたら一発終了の可能性もありますからね。

それにライバルが蹴落とすために、わざとそのような事をしてくる可能性もあります。
(実際にそれをやられた事があるという話を聞いた事もあります。)
↑ これライバルを批判するみたいな人がいますが、基本的には規約違反した人の方が悪いですからね。

それに対してメーカーや卸問屋から仕入れる事が出来れば、
保証書もついていますし、展示品などという事もありません。

おすすめする理由③ 仕入が安定する

卸問屋は多少仕入が安定しない場合もありますが、
メーカーに関しては仕入が一番安定します。

プレミアム価格が付くような商品の場合は、
メーカーにはないけど小売店に在庫があるというレアなパターンもありますが、
基本的には商品の在庫を安定的に確保できるのはメーカー、卸問屋です。

安定的に仕入をする事が出来る事によって、
在庫がなくなってもすぐに仕入をする事が出来るようになります。

小売店の場合は、
特に特価で買ったような商品は同じ価格で販売しているかも分からないですし、
1点ものなどで、もう在庫が無いような場合も多いと思います。

おすすめする理由④ 何度もリサーチする必要がなくなる

③と似ていますが、
メーカーや卸問屋で仕入れる場合は、
仕入が安定している為、
一度、一通りリサーチをしてしまえば、
それ以降はずっとリピートをし続けるだけで良くなります。

小売店で仕入れる場合は、
利益が出る商品の場合は特価商品やセール商品になっている事が多いので、
次も同じ価格で仕入れるか分からないですし、
次に在庫があるかも分かりません。

その為、ずっとリサーチをし続ける必要があります。
せどらーが忙しいと言われるゆえんはこの辺りだと思います。

実際、メーカーや卸問屋から仕入をするようになると、
最初に取扱商品をリサーチする際には多少忙しいですが、
一度、リサーチが完了してしまえばそれ以降はリピートになるので、
仕入れ価格は基本的にはあまり変わらないので、
販売価格が大幅に値下がりをしていないかをチェックする程度で良くなります。

その為、リサーチする時間が大幅に減り、
メーカーや問屋仕入れをするようになると時間的にも余裕が徐々に生まれてきます。

暇で自由な高利益率の物販事業を行う事が可能になってきます。

おすすめする理由⑤ 仕入れ量に応じて、仕入れ価格も交渉可能

メーカーや卸問屋の場合、
仕入量が多くなってきて担当者と仲良くなってくると、
仕入れ価格の交渉をする事も可能になります。

そうなると単純に価格交渉するだけで、
利益率を伸ばすことが可能になります。

もちろん小売店でもお店によってはそういった事もある場合もありますが、
小売店の場合は不良在庫になりつつある商品などが掛け率が良くなったりするだけだったりしますが、
メーカーや卸問屋の場合は、
一律で掛け率が下がったりする事もあるので
人気商品なども安く仕入れたりすることが出来る事もあります。

 

おすすめする理由⑥ 他の販路へも展開しやすい

小売店で仕入れる商品の場合、
1点ものが多くなるので、
他の販路への展開がとてもしにくいです。
(1点もののために他の販路で販売ページを作っていると割に合わなくなってきたりします。)

しかし、メーカーや卸問屋から仕入れる場合は、
仕入が安定する為、
他の販路に展開がとてもしやすくなります。

またAmazon以外の他の販路を開拓すれば、
販売手数料が安くなる上に、
メーカーや卸問屋から仕入れで仕入れ金額も安いので利益率が高くなります。

メーカーや卸問屋から仕入が可能になる事で、
せどりから本格的な物販事業へ展開していくことが可能になります。

このレベルになってくると、
個人事業ではなく法人として独立も視野に入れる事が出来るようになってきます。

せどりは稼げなくなる?

せどりが全く稼げなくなるという事は無いと思いますが、
ただ小売店からの仕入れだけでは徐々に稼ぎにくくなる事は間違いないと思います。

副業で数万円レベルであれば、
今まで通り小売店での仕入れでせどりで問題はないと思います。
ただ、それ以上を目指していきたいとか独立したい脱サラしたいとなってくると、
メーカー、卸問屋仕入を徐々に視野にいれていく必要があると思います。

実際に私の仕入のほとんどがメーカーもしくは卸問屋です。
小売店からの仕入はたまに立ち寄った場所で激安品があったりセール品があったりした時に、
偶発的に仕入れる程度です。

電脳せどりは私自身はせずに、
スタッフが時間の空いた時にたまにやる程度です。

Amazon自体も最近の規約変更等を見ていると、
小売店からの仕入をしているせどらーを締め出そうとしているように感じます。

実際に小売店で仕入れていたせどらー達が厳しくなってきて、
Amazonセラーフォーラムなどを見ていると離脱しだしている人が多くなっている気がします。

私はいずれこの流れが来ると思っていたので、
参入直後からメーカー、卸問屋仕入を進めていました。

小売店からの仕入は抜け穴をくぐり抜けるような感じなので、
王道であるメーカーや卸問屋仕入がおすすめです。

もちろん小売店からの仕入が絶対にダメというわけではないです。
副業の方であれば小売店からの仕入もおすすめです。

さいごに

いきなりメーカーや卸問屋というのは、
副業で始めるにはなかなかハードルが高いと思うので、
最初は小売店からの仕入で一般的なせどりで練習する期間はあって良いと思います。

ただ、慣れてきて、
もっと大きな売上、収益を目指していきたいのであれば、
メーカーや卸問屋からの仕入を検討してみてください。

小売店からの仕入と比べると、
多少ハードルが高くなりますが、
ハードルが高い分、ライバルも少なくなり、利益が出やすくなります。

ぜひ、タイミングを見てチャレンジしてみてください。

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です