Amazonで既存商品を出品する方法

Amazonに既に出品されている既存商品を出品する方法についてご紹介いたします。

Amazonでは1商品1カタログというルールがあります。
全く同じ商品であれば1つのカタログ上に出品する必要があります。

その為、既に出品されている商品であれば、
その既存商品のカタログ上に出品する必要があります。

では、実際に商品登録のやり方をご紹介いたします。
ちなみにAmazonでは出品の仕方がいくつかあるので、

Amazonの既存商品の検索登録

まず出品したい商品を用意します。
そしてその商品名もしくはJANコードを用意します。
(商品名ですと類似の複数の商品が出てきてしまう場合がありますが、JANコードであれば間違いない商品を検索しやすいので出来ればJANコードの方が間違いありません。)

 

JANコードとは・・・ 商品を表すコード番号の事です。いわゆるバーコードの番号です。
JANコード/バーコード
画像の例でいえば「499753000005」がJANコードになります。

商品が用意出来たら実際に商品を登録していきましょう。
いくつかのパターンをご紹介いたします。

Amazon既存商品の検索方法(Part1)

Amazon上で商品名もしくはJANコードで検索して,
該当商品の商品詳細ページのページ右側にある、
「マーケットプレイスで出品する」をクリック
商品登録

Amazon既存商品の検索方法(Part2)

  • セラーセントラルにログインします。
  • 画面上部の「カタログ」→ 「商品登録」をクリック
    商品登録
  • 商品名、JANコード等を入力して検索
    商品検索
  • 該当商品が見つからったら「出品する」をクリック
    出品する

Amazon既存商品の検索方法(Part3)

JANコードがある方には簡単に読み取る事が出来るので一番おすすめの方法です。

  • スマホでAmazonセラーセントラルのアプリを開きます。
    iPhone用
    android用
  • 画面上部のカメラボタンをクリック
    Amazonセラーセントラルアプリ
  • そうするとカメラの撮影モードに変わるので、JANコードにかざして読み取ります。
    (JANコードにかざすと自然に読み込んでくれます。)
  • 読み込んだら該当商品を「出品する」をクリック
    Amazonセラーセントラルアプリ出品

出品項目を埋めよう!

出品する商品を検索して「出品する」をクリックしたら、
出品項目を埋めて出品していきましょう。

画面右側にある「詳細表示」をONにして詳細項目を表示しましょう。
詳細表示

※印の部分だけ埋めれば出品はできますが、
他にも埋めておいた方が良い項目があるのでご紹介いたします。

 

【FBAで出品する場合】

  • 出品者SKU
  • 販売価格、ポイント
  • コンディション
  • コンディション説明
  • 支払い方法のオプション、ギフト包装、ギフトメッセージ
  • フルフィルメントチャネル

【自己配送で出品する場合】
自己発送で出品する場合はFBAの項目に合わせて以下の項目も埋めておくと良いでしょう。

  • 在庫
  • 作業日数
  • 配送パターン
  • この設定を保持する

 

では、一つずつの項目について説明していきます。

出品者SKU

出品者SKUというのは出品者が管理しやすいように
自由につける事が出来る商品管理コードです。

空欄のままでも出品はできますが、
自動で決められた適当なコードになってしまうので、
出来る事であれば自分で決めたルールで入力するのがお勧めです。

販売価格、ポイント

ここはそのままですが、価格とポイントを入力してください。
販売価格は商品の売れ行きにも影響します。

ライバルの出品価格などを参考に価格やポイントを決めましょう。

コンディション

新品、中古、コレクター商品なのか該当するコンディションを選んでください。
商品によっては新品しか登録できないもの、中古しか登録できないものなどもあります。

コンディション説明

商品の状態を説明する項目です。
以下の画像の赤枠部分に表示されます。
空白でも出品はできますが、ライバルと差別化するためにも入れておくことをおすすめします。
テンプレート的なものを用意して必要な部分だけを変更するというのも良いと思います。

Amazonコンディション説明

支払い方法のオプション、ギフト包装、ギフトメッセージ

これらの項目はすべてチェックをいれておくと良いです。
支払い方法もギフトも対応していれば購入される確率が高くなります。

フルフィルメントチャネル

FBAで出品するのか自己配送で出品するのか選択する項目です。

自己配送の場合・・・(出品者在庫)を選択
FBA出品の場合・・・(FBA在庫)を選択

在庫

自己配送(出品者在庫)の場合、
在庫を入力する必要があります。

FBAの場合は、納品した数が在庫となりますが、
自己配送の場合は在庫を自分で管理する必要があるため、
在庫数を入力する必要があります。

作業日数

作業日数というのは商品を発送するまでにかかる日数の事です。
即日出荷できるのであれば「1」
副業で平日は出荷出来なくて土日しか出荷出来ない場合は「5」とか「7」にしておくと良いでしょう。

あなたが出荷までに必要とする日数を記入してください。

ちなみにですが、この作業日数を経過しても出荷が出来ない場合は、
Amazon上で「出荷遅延」扱いになり、
出荷遅延率が高くなるとアカウント停止にもなりますので、注意をしてください。

配送パターン

自分が設定した配送パターンを選ぶことが出来ます。
配送料金設定を変えたい場合などに選択してください。

この設定を保持する

次回からも同じ設定で出品したい場合は、
出品効率を高めるためにチェックをいれておきましょう。

保存して出品完了!

必要な項目を埋めたら、
最後に出品内容に間違いが無いかを確認して
「保存して終了」をクリック
保存して出品完了

 

これで出品登録は完了です。

自己配送の場合は、
すぐに出品内容が反映されます。
(反映されるまでに時間が掛かる場合もあります。)

FBA出品の場合商品登録は完了しましたが、
商品をAmazonの倉庫(FC)に納品しないと出品開始されません。

引き続き、FBA納品の仕方はこちらを参考にしてください。

FBAでの出品・納品手続きの仕方!

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください