Amazonのリサーチを超効率化してくれる無料ツール「Keepa」のインストール&使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonでリサーチを効率化させてくれるKeepaは、
とても様々な機能があり、電脳せどりをしている方であれば
ほとんどの方が使った事があるツールだと思います。

KeepaはGoogle Chromeの拡張機能で無料で使う事が出来るので、
せどりで電脳仕入れをするのであれば必ず入れておきましょう。

 

詳しい機能等をご紹介していきます。

Keepaのインストールの仕方

これでインストールは完了です。

Keepaの使い方

Keepaをインストールしても、
パッと見では何も変わった感じがしないと思います。

どの商品でも良いのでAmazonの商品ページをを開いてください。
Keepa商品詳細ページ

 

赤枠の所がKeepaの拡張機能による表示です。
Keepaを使うとこのようにグラフが表示されます。

現在は全てのグラフを表示していますが、
緑枠で囲った部分をクリックする事で、
表示させたいものだけ残したり、不要なものだけ削除する事も可能です。

例えば、ランキング情報だけ見たい場合は、
以下のようにする事で見やすく出来ます。

Keepaグラフ表示

 

Keepaのグラフ表示について

赤枠のグラフ項目とグラフの線や丸の色は連動しています。
「Amazonはオレンジ」「新品は紫」「中古は黒」・・・という感じになっています。

Keepaグラフ
【各項目の意味】

Amazon・・・Amazonの出品の有無
新品・・・新品価格の変動グラフ
中古・・・中古価格の変動グラフ
売れ筋ランキング・・・売れ筋ランキンググラフ
参考価格・・・参考価格変動グラフ
コレクターアイテム・・・コレクターアイテム価格変動
New 3rd Party・・・自己配送(送料込み)で販売した価格&注文日
倉庫・・・使途不明
Amazonによる配達・・・FBAで販売した価格&注文日
Buy Box・・・カート価格で販売した価格&注文日
中古品-ほぼ新品・・・中古品-ほぼ新品で販売した価格&注文日
中古品-非常に良い・・・中古品-非常に良いで販売した価格&注文日
中古品-良い・・・中古品-良いで販売した価格&注文日
中古品-可・・・中古品-可で販売した価格&注文日

クローズアップビュー・・・グラフをクローズアップします
期間・・・グラフの表示期間を変更できます

項目ごとにグラフ表示させることが出来るので、
色々な角度からリサーチを行う事が可能になります。

Keepaによる過去の統計情報

「統計」の上にマウスポインタを合わせると、
統計情報が表示されます。

Keepaの統計情報

 

過去の最低価格、平均価格、最高価格、ランキング等の統計情報を見る事が出来ます。
これを見る事によって大幅な値下がりなどの可能性を事前に調べる事が出来るようになります。

出品者数グラフ

出品者の数を確認する事が出来ます。

「詳細な履歴データを表示」をクリックします。
(なぜか文字が被って見にくくなっています汗)

Keepa詳細な履歴を表示

そうすると先ほどのグラフの下にもう一つグラフが表示されます。
こちらで出品者数を確認することが出来ます。

Keepa出品者数
  【グラフ項目】

新品アイテム数・・・新品の出品者の増減グラフ
中古アイテム数・・・中古出品者の増減グラフ
コレクターアイテム数・・・コレクターアイテム数の増減グラフ
Rating・・・評価の平均
Review Count・・・レビュー数

出品者数が分かることでライバルセラーがどれくらいいるのかを調べる事が出来ます。
また、出品者が減ってきていて価格が上がってきている商品などは
プレミアム価格になる可能性などもリサーチする事が可能になります。

商品のトラッキング機能

商品のトラッキング機能というのは、
価格が「いくら以下になったら通知しますよ」という機能です。

個人的には価格が「いくら以上になったら通知しますよ」という機能が欲しいのですが、
さすがにその機能はついていないです(汗)

Keepaのトラッキング機能を利用するには、
アカウント登録が必要になります。

まずはアカウント登録をしてください。
Keepaアカウント登録

必要項目を入力してアカウント登録を完了してください。

Keepaアカウント登録

アカウント登録が完了したらログインした状態で、
商品のトラッキング情報の設定をします。

グラフのメモリもしくは価格を入力して「トラッキング開始」をクリック
Keepaトラッキング機能

これで設定した価格以下になった場合に、
登録したメールアドレスにメールで通知が来るようになります。

一応、こちらのトラッキング機能も紹介させて頂きましたが、
以前は「Amazon刈り取り」で使えた機能ですが、
今はAmazon刈り取りは規約違反になるのであまり使える用途がありません。

刈り取りについてはこちらを参考にしてください。

Amazon刈り取りは規約違反!?これからは稼げなくなる?

Keepaを設定する

Keepaを更に使いやすくする為に設定をしましょう。
「設定」をクリックします。

Keepa設定

任意ではありますが、
赤枠で囲った、
「極端な価格は無視する」
「Amazonの商品の上にマウスを置いた時、価格の履歴グラフを表示する」
「はい」に設定する事をおすすめします。

「極端な価格は無視する」というのはそのままで極端な値付けをしているものは省くという設定です。

「Amazonの商品の上にマウスを置いた時、価格の履歴グラフを表示する」
を設定すると以下のようになります。

これもそのままですが、
Amazonの商品検索画面で商品画像の上にマウスを置くとグラフが表示されるようになります。

Keepa設定

この設定をしておくと、
商品詳細ページまで入らなくてもグラフを見れるようになるので、
作業効率もアップするので設定しておきましょう。

さいごに

Keepaは無料にも関わらず、
かなりの高機能なツールです。

上手く使いこなせば、
下手な有料ツールよりも使えるので、
しっかりと使い方をマスターしてKeepaを使ってリサーチを効率化しましょう。

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください