Amazon刈り取りは規約違反!?これからは稼げなくなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せどらーの中には、
Amazonで他のセラーから買って、
Amazon上で販売するという「刈り取り」という方法があります。

私は正直、刈り取りに関しては一度もやった事がありません。

私がやらなかった理由

それは単純にAmazonが好まないのが分かっていたからです。

Amazonで仕入れてAmazonで売るという行為は、
単純にAmazon上での値上げ行為です。

お客様ファーストを貫くAmazonがそういった方法を好むはずがありません。

例えば、店舗せどりなどで他で安く売っている商品をAmazonで売る事は、
お客様がその店舗で買う事が出来ればAmazonより安いかもしれませんが、
そこで買えないユーザーも多くいるため、
Amazonもお客様も喜ぶ可能性があります。

しかし、刈り取りに関していえば、
Amazonで売っているものを買い取ってそれをそのままAmazonに売るだけなので、
お客様にただ高く商品を売る形になってしまうだけなのです。

あえて言うのであれば、
Amazonは刈り取りした際に手数料が儲かるので、
今までは黙認をされてきたのかもしれません。

しかし、それがいつかNGになるのは目に見えていたので、
私はリスク管理を考えてやりませんでした。

こういった手法は稼げているうちはよいのかもしれませんが、
稼げなくなったら下手したら一発でアカウント削除の対象になったりする可能性もあるので、
刈り取りをやる場合はそういったリスクも踏まえた上で実践しましょう。

刈り取りはAmazonガイドライン違反

刈り取り(Amazonからの仕入)はAmazonのガイドラインに違反をしてしまいます。

という事は、続けているとアカウント停止、削除のリスクも伴います。
それまでいくら稼げていてもアカウント削除を食らったらその後は一切稼げなくなるので、
そういったリスクもしっかりと頭に入れておきましょう。

Amazon刈り取りをするとすれば・・・

刈り取りは規約違反となってしまいましたが、
何か方法が無いかと考えている方もいると思います。

今まで稼げていた方法が稼げなくなってしまうというのは、
「厳しい・・・」という方もいると思いますので。

方法は3つあります。
これはテクニカルサポートにも確認済みの方法です。

  • Amazon.co.jp以外の海外Amazonから仕入れる
  • 新品以外のコンディションで出品する
  • 他のモールで販売をする

Amazon.co.jp以外の海外Amazonから仕入れる

Amazon.co.jpで刈り取りで仕入れた商品はNGですが、
海外のAmazonで刈り取りして仕入れた商品は出品OKです。

Amazonガイドライン

よくみるとこちらにもしっかりと、「Amazon.co.jp上で仕入れた商品」と記載されていますね。
それなので海外Amazonからの仕入であれば問題ありません。

新品以外のコンディションで出品する

Amazonで借り入れた商品は新品で出品はできませんが、
中古での出品であれば出品は可能です。

新品で仕入れて中古での出品となるので、
なかなか採算が合わない可能性が高いですが、
一応、この方法であれば刈り取りした商品でも出品が可能になります。

他のモールで販売をする

Amazonで仕入れた商品を他のモールで販売する事は、
他のモール側の規約違反にならなければOKです。

Amazonはかなり安く販売している商品もあるので、
他のモールで販売するのはよいかもしれません。

ただ、Amazonと比べると手間が掛かったり、売れにくかったり等もあるので、
そういった事も踏まえた上で検討してみましょう。

注意点

他のブログ等で、
刈り取り用の仕入アカウントと出品アカウントを別々に分けてやれば大丈夫!
なんて書いてあるブログがありますが、
個人的にはよほど徹底してやらない限りはやめた方が良いと思います。

IPアドレス等でバレる可能性も高いですし、
それをやって稼げてもバレたら一発でアカウント削除される可能性もあるので、
今後、Amazonで出品する事すら難しい可能性もあります。
(もしかしたら入金されて来ない、大幅に入金が遅れるなどのリスクもあります。)

自己責任なので絶対にやめた方が良いとは言いませんが、
リスクを考えると推奨はいたしません。

今後も刈り取りを続けるのであれば、
そういったリスクも踏まえた上で実践をしましょう!
(そういった方法でアカウント削除された場合はメール等をもらっても助けようがないのでご了承ください。)

今後のAmazon予測

コンディションガイドラインを見るとなんとなく分かると思いますが、
転売せどらーを排除する方向に向かって言っていると思います。

せどらーが稼げなくなる・・・と心配する方もいると思いますが、
恐らくですが、今までの手法では稼げなくなっていく方は多くなる気がします。

いわゆる転売せどりは稼げなくなると思います。
ただ、転売・せどり → 物販ビジネスに変わっていけば稼ぎ続ける事は可能です。

何が違うのかと言いますと、

  転売・せどり → 信用の無い商品、信用の無い仕入先からの仕入
物販ビジネス → 問屋・メーカーなど信用のある仕入先からの仕入

という、違いです。
それ以外はほぼ同じです。

Amazonはお客様ファーストなので、

・保証がついている商品
・偽物じゃない商品
・メーカーから正規のルートで仕入れた商品

などを販売しなさい!というような流れになってきています。

だから、せどり・転売のようなオークションサイトや小売店で仕入れてきたものは、
徐々に排除されていくので、
今までと同じ転売・せどりの方法でやっている方は稼げなくなっていくと思います。

さいごに

刈り取りに限らず、
Amazonは今までの転売・せどりのやり方ではどんどん厳しい流れになってきています。

では、Amazonは稼げなくなるか!?と言われたら、
「No」だと思います。

まだまだやり方次第では大きく稼ぐ事は出来ます。

やり方次第です。
確かに今までの手法では稼ぎづらくなっていく事は間違いない気がします。

Amazonの動きを見ながら、
今後の動きを予想して早め早めに手を打っていつまで稼げる状態を作っていきましょう。

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください