AmazonでJANコードが無い商品を製品コード免除の申請をする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonに商品登録するには、
基本的にJANコード(バーコード)等の製品コードが必要になります。

JANコード等の製品コードが無い商品の場合は、
事前に申請をする事で出品ができるようになります。
(申請が却下される事もあるようです。)

JANコードが無い製品を事前にAmazonに申請する方法をご紹介いたします。

JANコード(製品コード)ってなに?

JANコード(製品コード)とはいわゆる商品についているバーコードの事です。
(JANコード以外にもISBN、EAN、UPCなどがあります。)

ーコードの下にある数字が製品コードです。
JANコード/バーコード

詳しくはこちらにも記載してありますので参考にしてください。

AISNコードって何?JANコードって何?Amazonでよく出てくるコードの探し方とは?

どんな時に申請できるの?

製品コードの免除の申請をするには、
Amazonに既にその商品が出品されていない事が条件となります。

既に出品されている場合は、
そちらのカタログで出品する必要があります。

既に商品が登録されている場合はこちらを参考に商品登録しましょう。

Amazonで既存商品を出品する方法

 

製品コードの免除の申請に必要な条件は?

いくつか最低限の条件があるので紹介いたします。

大口出品者登録している方のみ

製品コードの申請の免除は大口登録の方のみが申請出来ます。
小口登録の方は申請が出来ません。

小口登録で製品コードの免除申請したい場合は、
下記を参考に大口登録に切り替えましょう。

【超簡単】Amazon大口登録 ⇔ 小口登録の変更の仕方

コンディションが新品しか出来ない

製品コードの申請免除は新品のコンディションしか出来ません。
中古のコンディションの場合は申請が出来ません。

中古の場合は諦めるか、
一応、ダメ元でテクニカルサポートにお問い合わせをしてみましょう。

特定商取引法に基づく表示の記載が必要

製品コードの申請の免除には特定商取引法に基づく表示の記載が必要になります。
もし、まだ記載していないという方は事前に下記を参考に記載しておきましょう。

特定商取引法に基づく表示を記載しよう!

 

どんな時に申請の免除が適用されるの?

製品コードの免除申請をしても免除される場合と免除されない場合があります。

では、どんな時に申請の免除をされるのか確認しましょう。

  • ブランド、メーカーまたは出版社がその商品に製品コードを提供していない時。
    (独自のブランド商品や手作り商品などが該当します)
  • 製品コードがないノーブランド商品。(卸売商品などが該当します)
  • 製品コードがない部品。(一部のカー&バイク用品などは製品コードがありません)
  • 製品コードがないセット品。(セット品を販売する場合は申請が必要です)

このような場合に申請が必要になり、申請の免除が適用されます。

製品コードの免除申請のやり方

  • 製品コード免除の申請ページを開きます。
    製品コード免除の申請

  • 各項目を入力していきます。
      【製品コード免除を申請する商品を選択】
    あなたが出品予定の商品を選択してください。

    【製品コードがない理由を入力】
    製品コードがない理由を入力してください。
    状況に応じて、理由を記入しましょう。

    【ブランドの所有者、メーカー、または出版社から、証明書を入力しましたか?】
    これは別に嘘をついて記載する必要はないので、
    証明書がある場合は「はい」を選択して、無い場合は無い「いいえ」を選択しましょう。
    (もちろん「はい」を選択した方が通りやすいと思いますが、「いいえ」でも申請は可能です。)

    【上記で「はい」を選んだ場合】
    「ブランドまたは出版社のリストを入力」の必要事項を入力してください。
    ブランドリスト申請

    【上記で「はい」と「いいえ」の共通事項】
    こちらのページ(ページ下部)より
    あなたが出品予定の商品のリストをアップロードするためのテンプレートを
    ダウンロードしてください。

    ダウンロードして、ダウンロードしたファイルの必要事項を入力してください。

    入力したら「ブラウズ」をクリックしてアップロードをしたら、「送信」をクリック
    商品リストのアップロード

 

これで製品コードの申請免除の送信が完了します。
数日中にAmazonから可否の連絡がきます。

許可が出たら出品ができるようになります。

さいごに

商品コードの申請免除は正直めんどくさいです。
ただ、それで諦めてしまうのはとてももったい無いです。

申請免除の許可が通れば、
ライバルに気が付かれるまではそのカタログ上の出品者はあなただけです。

ライバルが皆無の状態で一人で独占する事が可能になります。
例えライバルに気が付かれたとしてもライバルがいっぱいになるまでは多少の時間が生まれます。

そういったひと手間を加える事は、
楽をしようとするせどらーはなかなかやりません。

だからこそ差別化出来るし、稼げるチャンスなのです。

例えば、人気商品だけどAmazonに出品されていない商品や、
売れている商品の類似商品、
売れている商品を組み合わせてセット商品にするなど、
色々な戦略を考える事が出来るようになります。

めんどくさいから諦めるのではなく、
めんどくさいから他のライバルがやらない可能性があるので、
そういったところにチャンスを見出すように意識していきましょう。

製品コードの免除の申請はそういった新たな稼げる商品を自分で作り出すことができるので、
チャンスととらえてチャレンジしてみると良いと思います。

独占商品を自分で作り出してみましょう!

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください