FBAシュミレーターの使い方を覚えてAmazon手数料を把握しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonで販売をしていく上で、
仕入れた商品をいくらで売ったら利益が出るか知りたいですよ。

「Amazonの手数料」「利益額」「利益率」をすぐに知ることが出来るのが、
FBAシュミレーターというAmazonが提供している計算ツールです。

Amazonの手数料は商品によって色々と変わるのでとても複雑です。
それを販売前に事前に知る事が出来るツールになります。

Amazonで商品を販売していく上で、
仕入の際に必須のツールとも言えるので、
使い方をしっかりとマスターしていきましょう。

FBAシュミレーターの使い方

FBAシュミレーターを開きます。
(仕入の際にとてもよく使うのでPC、スマホともに「お気に入り」に追加しておきましょう。)

商品検索する

FBAシュミレーターを開くと、
まず商品検索をする必要があります。

ここにASINコードを入力します。

FBAシュミレーター商品検索

商品名でも検索する事が出来ますが、
類似の商品名の商品がいくつか出て来たりして、
類似の商品と間違えてしまう可能性もあるので、
出来れば間違いをしないようにASINコードがおすすめです。
(商品を間違えると手数料等の計算が変わってきてしまうので注意が必要です。)

商品検索ですと、以下のように少ない情報で商品を選択しないといけないので、
どういった商品なのか分かりづらいのが難点です。
FBAシュミレーター商品検索

ASINコードであれば、
商品毎に決められた商品コードなので、
間違えずに確実な商品のシュミレーター計算が出来るので、
ASINコードを使っていきましょう。

では、ASINコードってどこに書いてあるの?って思うかもしれませんが、
ASINコードはAmazonの商品販売ページ(各商品ページ)の中段あたりに記載があります。
(商品ページで「Ctrlキー + F」のショートカットキーで検索窓に「ASIN」と入力するとすぐに見つけれます。)

ASINコード

ASINコードを見つけたらコピーをしましょう。

今までFBA納品された事がない商品の場合、商品の寸法を求めらる場合があります。
商品の寸法によって手数料が変わってきますので正確な寸法を入力してください。

FBAシュミレーターに必要項目を入力する

FBA発送の場合

商品検索すると画像のような入力項目が出てきます。
赤枠で囲った項目を埋めていきましょう。

FBAシュミレーター(FBA発送の場合)

【商品代金】販売予定の価格を入力します。

【Amazonへの納品】Amazon倉庫に送るまでの費用を入力します。
(1000円の送料で1つの段ボールに100個入る商品なら10円と入力します。)

【商品原価】仕入値を入力します。

項目を入力して「計算」をクリック。
FBAシュミレーター利益計算

「計算」をクリックすると「純利益」と「純利益率」が表示されます。

今回の例で言うと、
この商品を販売すると2091円の利益が出て7%の利益率という事になります。
これで仕入をするかしないの判断をする事が出来ます。

自社発送の場合

赤枠で囲った部分を入力していきましょう。
FBAシュミレーター(自社配送の場合)

【商品代金】販売予定の価格を入力します。

【配送料】お客様から頂く送料

【出品者出荷の費用】商品を出荷するにあたり掛かる費用(送料、梱包費用、人件費等)

【商品原価】仕入値を入力します。

【出品者出荷の費用の入力について】

タブをクリックすると詳細項目を入力出来るようになります。

出品者出荷の費用詳細

一つずつ入力するのは面倒という方は、
「FBA手数料の詳細がわかりません」にチェックを入れて、
出荷にかかる費用をまとめて入力する事が出来ます。

出品者出荷の費用(簡易)

項目を入力したら「計算」をクリック。
FBAシュミレーター計算(自社配送)

これで自社配送の純利益と総利益率も計算されました。

自社配送とFBA発送の両方の項目を入力すると、
どちらで出品した方が利益率が高くなるのかも分かりやすくなっています。

あなたなりの仕入基準を作って、
FBAシュミレーターで計算をしてどんどん仕入れていきましょう。

仕入の際には必ず調べる必須ツールとも言えます。

FBAシュミレーターを更に詳しく見る

画像の赤枠の部分のタブをクリックすると手数料の詳細が表示されます。

FBAシュミレーター詳細

どの手数料がいくらかかっているか知る事が出来ます。

FBAシュミレーター手数料詳細
【大型商品の見分け方】

特に「出荷作業手数料」が500円以上のものは大型商品となるので注意が必要です。
大型商品と小型商品は納品先が異なります。
(目安として出荷作業手数料が500円以下は小型商品、500円に以上は大型商品)
大型商品

FBAシュミレーターを使う際の注意点

FBAシュミレーターはAmazon手数料、純利益額、純利益率を計算してくれるとても便利なツールですが、
実際の手数料とは多少前後する場合があります。

それは月間保管手数料が変わったりする可能性があるからです。

例えば、月間保管手数料が100円の商品の場合、
10日後に売れれば100円の約3分の1の手数料で済みますが、
2ヶ月後に売れれば200円の手数料が掛かります。

1か月で売り切る量を仕入れれば、
ほぼFBAシュミレーターで計算した数字と同じ手数料になってくると思います。

Amazonが開催しているキャンペーンがありますが、
FBAシュミレーターにはキャンペーンが適用されない場合があります。

実際にはキャンペーンのおかげでもっと利益が出ているけど、
仕入基準に満たないので仕入しないという判断をしてしまうなどの機会損失が生じる可能性があるので、
FBAシュミレーターにはキャンペーンは適用されない場合があると頭に入れておきましょう。

FBAシュミレーターをマスターして、
赤字にならず利益が大きく出る商品仕入に役立てていきましょう!

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください