ドメインとサーバーとは?ネットビジネス初心者にも分かる仕組みの説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットビジネスをする上で、
よく出てくるドメインとサーバーというものがありますが、
そもそもドメインやサーバって何?っていう方も多いと思います。

そんなドメインやサーバーについて紹介いたします。

ドメインとは?

ドメインとはインターネット上の住所のようなものだとお考えください。

例えば、当ブログで言えば、
「https://okunote1.com」というURLですが、
「okunote1.com」の部分がドメインに当たります。

ドメインを取得する事で、
HPやブログも作れますし、メールアドレスを取得する事も出来ます。

メールアドレスの場合は「●●●@okunote1.com」のようになります。

そのため、基本的には同じドメインは存在せずにドメインは世界に1つしかありません。
あなたが希望しているドメインが既に誰かに取得されていた場合は、
そのドメインが期限切れ等を起こさない限り、
同じドメインを取得する事が出来ません。

希望のドメインがある場合は早めに取得してしまう事をおすすめします。

独自ドメインとサブドメイン

ドメインにも独自ドメインとサブドメインというものがあります。

独自ドメイン:okunote1.com
サブドメイン:●●●.okunote1.com

独自ドメインは、取得したドメインそのままのドメインです。
サブドメインは、独自ドメインを細分化したドメインです。

サブドメインは例えば、
ブログのレンタルサービスなどでブログを作成した場合にサブドメインが提供されたりします。

【アメブロでブログを作った場合】
アメブロの独自ドメイン:ameba.jp
アメブロでブログを作った場合(サブドメイン):●●●.ameba.jp

このようになります。

また、自分で独自ドメインでサイト運営する場合でも、
1つのメインサイトを独自ドメインで作成した場合に、
もう一つ同じドメインでサブサイトを作りたい場合にサブドメインを作る事が可能です。

このようにサブドメインを使う事で、
1つの独自ドメインを取得する事でほぼ無限的にサイトやメールアドレスを作る事が出来ます。

サブドメインとサブディレクトリ

サブドメインに似たサブディレクトリというものがあります。
どちらもURLとして活用されます。

 
サブドメイン:●●●.okunote1.com
サブディレクトリ:okunote1.com/●●●

サブディレクトリはホームページやブログを作成する際に、
独自ドメイン内にディレクトリ(フォルダ)を作成する際に作られます。

サブドメインの場合は、
それ自体がURLとなりますが、
サブディレクトリの場合は、
独自ドメインの中にディレクトリ(フォルダ)が存在するような形になります。

ブログなどでカテゴリを作成した場合はディレクトリ型で作成されます。

例:okunote1.com/blog

また、レンタルブログサービスではサブディレクトリをユーザーアカウントにする場合もあります。

 

インターネットビジネスをする上で、
基本的に独自ドメインの取得をおすすめします。

無料ブログなどをレンタルする事も可能ですが、
ビジネスをする上では独自ドメインくらいは取得した方が良いでしょう。

独自ドメインは年間で数百円~数千円と安いので、
そのくらいの投資はする事をおすすめします。

ブログを作ろうと考えている方はこちらの記事も参考にしてください。

無料ブログとWordPressどちらがおすすめ?無料ブログとWordPressのメリット・デメリット比較

 

サーバーとは?

サーバーとは簡単に言うと土地のようなものだとお考えください。

イメージで言うと以下のような関係です。

【サーバー等のイメージ】
サイト(ブログ)・・・家
ドメイン・・・住所
サーバー・・・土地

サーバーは住所や家となるサイトやドメインの基となるデータの保管場所です。

土地があるからこそ住所が出来ますよね。
サーバーがあるからこそドメインが使えるようになります。

土地があるからこそ家を建てたり、家に荷物を入れる事が出来ますよね。
サーバーがあるからこそ、サイトやブログを作ったり、データーを保存する事が出来ます。

サーバーはサイトやブログ、メールアドレスのデータの保管場所とお考えください。

色々と難しい説明をされているサイトなどありますが、
専門的な部分はそれらのサイトに任せて、
簡単には上記のように覚えておけば充分だと思います。

サーバーとして最低限覚えてほしい点は以下です。

  • ドメイン(サイト、ブログ、メールアドレス)を運用するには基本的にはサーバーが必要
  • サーバーはデータの保管場所(ネットビジネスをする上で活用します。)

サーバーの種類

まず大きく分けて2つあります。

  • レンタルサーバー
  • 自前サーバー

これはもうそのままでレンタルサーバーはレンタルして借りたサーバーの事です。
自前サーバーは自分で構築したサーバーの事を言います。

専門知識がある方であれば自分でサーバーを構築する事も可能ですが、
当ブログのこの記事を読んでいるという事は、
おそらく大半の方がそのような専門知識を持っていないと思いますので、
基本的にはレンタルサーバーの利用をおすすめします。

専門知識が無いと自前サーバーで何かトラブルが起こった時にかなり困ると思うので、
余計な事は考えずにレンタルサーバーを利用する事をおすすめします。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーの種類は以下のような種類があります。

  • 共有サーバー
  • 専用サーバー
  • VPSサーバー
  • クラウドサーバー

レンタルサーバーにはこのような種類がありますが、
ネットビジネス初心者の方はコスト面等を考えると基本的には共有サーバーをおすすめします。

予算に余裕がある方であればVPSサーバーや専用サーバーを検討しても良いかもしれませんが、
基本的にはまずは共有サーバーでOKです。

クラウドサーバーは、
高機能なシステム等を構築していかない限り、
必要ないと思いますのでここでは説明を省きます。

共有サーバー

共有サーバーはいわゆる共有住宅(シェアハウス)と考えてください。
一つの土地(サーバー)をみんなで共有して使うのが共有サーバーです。

そのため、レンタル料金は安いですが、
他のユーザーと共用のため、多少の制限などが設けられています。

また、他のユーザーの利用により、
多少の影響を受けたりすることがあります。

ただ、ネットビジネス初期の頃はレンタルサーバーでほぼ問題ないレベルです。
ビジネスが軌道に乗ってきたら専用サーバーを検討すれば十分です。

その為、初心者はまずは共有のレンタルサーバーを検討しましょう。

専用サーバー

専用サーバーはいわゆる戸建ての住宅と考えてください。

一応、レンタルなので自分のものではありませんが、
あなた専用に用意されたサーバーをあなただけが使う事が出来ます。

その為、他のユーザーの影響を受けることなく、
基本的には自分の使いたいように自由に使う事が出来ます。

但し、共有サーバーと比べると高価になるので、
資金に余裕があったり、よほどやりたい事があるなどの場合を抜かせば初期段階では必要ないと思います。

VPSサーバー

いわゆるアパートやマンションのような分譲とお考えください。
1つの土地(サーバー)をいくつかに区切って、
その1つをあなただけで使う事が出来るサーバーです。

イメージとしては共有サーバー(シェアハウス)と専用サーバー(戸建て)の中間のようなものです。

土地自体は共有しているので、
専用サーバーと比べると制限を受けますが、
自分ひとりで部屋(サーバー)を使う事が出来るため、共有サーバーと比べると制限は受けません。

価格も共有サーバーと専用サーバーの中間くらいの価格になります。

 

サーバーは上記のような種類がありますが、
ネットビジネスを始める際はひとまずレンタルサーバーで十分です。

利益が出てきたりした際に次のステップを考えればよいと思います。

おすすめのドメインとレンタルサーバーは?

おすすめのドメインは?

おすすめのドメインは一般的に使われている以下です。

  • .com
  • .net
  • .jp
  • .org
  • .biz
  • .co.jp(日本企業限定)

ドメインは基本的に覚えやすくなるべく短いものにしましょう。

特段、こだわりや、
希望のドメインが取れないなどの理由が無い限りは、

個人の方、サイト制作でドメインを取得される方は、「.com」の一択で良いと思います。
希望のドメインが「.com」で埋まっている時に「.com」以外を検討するくらいで良いと思います。

法人でコーポレートサイト(会社サイト)を作成する場合は、
「.co.jp」を検討されると良いと思います。

基本的には「.com」が定番になっているので、
「.com」の一択で良いと思います。

おすすめのドメイン会社は?

おすすめのドメイン会社は特に無いというか、
有名どころであればどこも大差はないです。

ただ、あまり無名な所を使うと、
使い方が良く分からなかったり、
サーバー等との連携がしにくい可能性があるので、
以下の2つのどちらかを選ぶと良いと思います。

  • ムームードメイン
  • お名前.com

どちらも安価で使いやすいです。

ちなみに私はどちらも使っています。

ムームードメイン

ムームードメイン

ムームードメインのドメインの取得方法はこちらを参考にしてください。

初心者でも図解で簡単にわかるムームードメインの取得方法&ログイン方法!

お名前.com
お名前.com

お名前.comのドメインの取得方法はこちらを参考にしてください。

初心者でも図解で簡単にわかるお名前.comでドメインの取得方法&ログイン方法!

おすすめのレンタルサーバーは?

おすすめのレンタルサーバーは以下です。

1位:Xサーバー
2位:さくらレンタルサーバー
3位:ロリポップ

1位:Xサーバー

Xサーバー

格安サーバーと比べると多少価格が高いですが、
スペック等と価格のバランスを考えるとおすすめです。

実際に私もこのブログで活用しているサーバーです。
WordPressの自動インストールも出来ますし、
サポートも充実していておすすめです。

また、無料でSSL化出来たりなど様々な追加機能もあるのでサイト運営をする上で使い勝手が良いです。

XSERVERの登録方法はこちらを参考にしてください。

初心者でも図解で簡単にわかるXサーバーでレンタルサーバーのお申込み方法&ログイン方法!

2位:さくらレンタルサーバー

さくらレンタルサーバー

サーバー会社としては古くからあり、
比較的安価な上に機能やサポートも充実しています。

ただ、Xサーバーに比べると機能等は少し劣ります。
私も一応使っていますが、最近ではほぼXサーバーを利用しています。

初心者の方で機能より価格優先の方はさくらサーバーを検討しても良いと思います。

さくらレンタルサーバーの登録方法はこちらを参考にしてください。

初心者でも図解で簡単にわかるさくらインターネットでレンタルサーバーのお申込み方法&ログイン方法!

3位:ロリポップ

ロリポップ

ロリポップは価格が安くてムームードメインとも連携がしやすいです。
ただ、機能等はXサーバーやさくらレンタルサーバーと比べると劣ります。

初心者であまりコストをかけたくない場合はロリポップを使うのも良いかもしれません。

私もロリポップはあ以前使っていましたが、
今は解約をしてしまい使っていません。

Xサーバーを契約するまでは特に不便せずに使用していましたが、
Xサーバーを使ってからは様々な機能の差を感じたので使っていません。

ただ、稼げてないうちはロリポップでも十分といえるかもしれません。
まずは価格で選びたいという方はロリポップもありかもしれません。

さいごに

ネットビジネスを使う上ではドメインとサーバーは必要になってきます。
(せどりの場合は不要です。)

ドメインとサーバーはネットビジネスを始める上で必要最低限の投資と考えて投資をしましょう。
無料でやろうと思えば出来ますが、
独自ドメインとサーバーに関しては取得しておくことをおすすめします。

ドメインとサーバーを取得しても、
年間で数千円~1万円程度の投資なので、
ビジネスをする上で最低限の投資をしましょう!

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください