Amazonセラーセントラル出品者登録する方法

Amazon出品者登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonで販売を開始をするにあたって、
Amazonセラーセントラルに登録して出品者登録をする必要があります。

Amazonで販売を開始する第一歩です。
せどり・物販をする方には必須の出店先です。

Amazon出品者登録には、
「小口出品」と「大口出品」の2種類の方法があります。

【準備編】Amazonセラーセントラル出品者登録に必要なもの

 

  • メールアドレス
  • クレジットカード or デビットカード
  • 銀行口座
  • 特定商取引法に記載する住所、電話番号

メールアドレスは既に使っているものもあればそれでもOKですが、
Amazonからの大切な通知などが届くメールアドレスとなるため、
専用のメールアドレスを作るか、必ずメールを受信できるメールアドレスを用意してください。

おすすめはPCやスマホさえあれば、
いつでもどこでもメールの内容を確認することが出来る「Gmail」です。

Gmailは無料で取得が出来ますし、
迷惑メールもあまり入ってこないメールアドレスなのでおすすめです。

クレジットカードもしくはデビットカードが登録するのに必要です。
アカウントの月額料などの引き落としなどされます。

出来れば個人用(プライベート)のクレジットカードと
事業用のクレジットカードを使い分ける事をおすすめします。
なぜかと言いますと、確定申告や売上管理をする際に、
個人(プライベート)の利用履歴と事業用の利用履歴が混ざってしまうと、
管理が品雑になり、あとあと大変になってしまうからです。

名義は個人のものでかまいませんので、プライベート用と事業用を分けて使いましょう。

銀行口座は売上が入金される口座です。
あなたが仕入れて売れた商品の売上が入金される大切な口座になります。
これが間違っていると売上ても入金されずに保留されてしまうので注意をしましょう。

Amazonでは、出品者は特定商取引法に基づく表記というものを表記しなければいけません。
これはAmazonが決めているのではなく、
インターネット上で商品を販売する際には必要になってくる表記です。

そこでは「販売者名」「住所」「連絡先」等を表記しなければならないという法律があります。

販売者名、住所、連絡先等を公開しないといけないとなると副業禁止のサラリーマンの方などは、
困ってしまうと思いますが、ばれにくくする方法も別途ご紹介するのでご安心ください。

ここまで準備が整えば、
あとは登録していくだけになります。

Amazon出品者の登録先

Amazon出品者の登録はこちらから登録できます。
Amazonの出品についての概要が書いてあるので目を通してから登録しましょう。

Amazonに出品した成功者たちの事例も掲載されているので、
夢を膨らますのも良いでしょう(笑)

小口出品と大口出品のどちらが良いの?

ここは問答無用で大口出品にしておきましょう。
また別の記事で紹介いたしますが、
Amazonのカート獲得条件に大口出品という条件があります。

Amazonで大きく売上るためには、
Amazonのカートが獲得できるかが大きく左右します。

本格的にビジネスとして取り組んでいくつもりであれば、
大口出品にしましょう。
(お金を稼ぐ目的で繰り返し販売をするという方は大口出品登録する必要があります。)

不用品をちょっと処分したい程度の気持ちであれば小口出品でも良いかもしれません。

では、実際にAmazon出品者登録をしていきましょう。

  • まずは出品する商品を最低でも1つ用意する
  • その出品する商品をAmazon上で検索して同じ商品を探す
    ※小口出品の場合は既にAmazonに商品登録された商品しか出品ができません。
    もし、あなたが出品したい商品がAmazon上に登録されていない場合は諦めるか大口出品にする必要があります。
  • 商品の詳細ページの右側にある「マーケットプレイスに出品する」をクリック
    マーケットプレイス出品
    ※この記事を書くために出品できる商品を探しましたが結構出品ができない可能性がある商品も多かったので、やはりAmazonで売上を上げていきたいのであれば大口出品をおすすめ致します。
  • Amazonにログインする(アカウントをお持ちでない方は「初めて利用します」にチェックを入れて新規アカウント登録する)
    Amazonログイン
  • 必要事項を入力
      
    • 店舗名:Amazon上での店舗名です。お客様も目にする店舗名なので適当なものではなく、あなたのお店の名前を決めましょう。(あとで変更する事も可能です。)
    • 住所:会社住所もしくは個人の方は自宅の住所を記入しましょう。
    • 電話番号認証に使用するPINの受け取り方法:Amazonから「電話」もしくは「SMS」でアカウントの認証確認が届きます。ここは確実に電話もしくはSMSを受け取る事が出来る電話番号を認証してください。これを完了できないと出品登録が完了できません。
      ※こちらは「すぐに電話を受ける」をクリックすると、すぐに届くのですぐに受け取る事が可能な電話番号を入力してください。クリックしたあと自動音声による電話がかかってきますので電話に従ってPINを入力してください。
    • 運営責任者:代表者もしくは運営担当者の名前を記載しましょう。(特定商取引法に基づく表記に記載する運営責任者名を記載してください。)
    • 自社ショッピングサイト、他のECサイトなどのURLがありましたら入力して下さい(任意):こちらは任意なので空白でも良いです。
  • クレジットカードを登録
    Amazonクレジットカード登録

  • 商品情報を記載して「登録完了」をクリック
    ここではあなたが出品する予定の商品情報に従って入力してください。
    Amazon商品情報
    Amazon商品情報2

これで出品登録完了です。

一応、Amazonの方でも小口出品の登録の仕方について紹介していますので、
こちらも参考にしてみてください。

他の商品を出品する場合は、
「商品名検索」 →  商品詳細ページから「マーケットプレイスに出品する」で
商品を登録していけば商品登録が出来ます。

 

大口出品者として登録する方法

  • 出品者登録ページから「今すぐ登録する」をクリック
    Amazon出品者登録
  • Amazonにアカウントを既にお持ちの方はメールアドレスとパスワードを入力してログイン(赤枠)
    Amazonにアカウントをお持ちでない方は「Amazonアカウントを作成」をクリック(緑枠)
  • これ以降は小口出品者登録と登録の仕方や内容は同じになります。
    小口出品者登録の方法を参考にしてください。 (小口出品者登録と大口出品者登録の仕方の違いは最初の部分だけが違うようです。)

これであなたもAmazonに出品ができます。
一店舗のオーナーです!!

ここから売上を大きく上げていく事が出来るかは、
あなたのお店の舵切りをしていくオーナーであるあなたの力次第です。

たとえ副業であったとしても、
あなたがオーナーであることは頭に入れておいてください。

努力をすれば売上も上がって利益も出ますし、
逆にトラブルや問題があればあなたが責任を取る必要があります。

副業でもビジネスに取り組む以上、
遊び半分の気持ちではうまくいきません。
成功したければそれなりの努力は必要です。

Amazonは販売力はとてもあるので、
あとはあなたがどういった商品を取り扱って販売をしていくかです。

どんどん売れる商品を仕入れて、
大きく売上をあげていきましょう!

 

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください