Amazonに出品した際に掛かる出品手数料っていくらなの?

手数料
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonに出品する上で、
必ず知っておかなければいけないのが「Amazonの出品手数料」です。

Amazonはよく売れるし、とても便利だけど「手数料が高い!」なんて声をよく耳にしますが、
本当に高いのか?実際にみていきましょう。

手数料を知っておかないと、
売れたはいいけど、ほとんど利益が出なかった・・・なんて事になりかねませんからね。

FBAと自己配送で掛かる手数料の違い

FBAと自己配送では掛かってくる手数料が変わってきます。
自己配送よりもFBAの方が手数料が高くなります。

ただ、高くなるからFBAは無しだ!なんて決めつけないでくださいね。

【ポイント】

  • FBAの手数料には梱包費用・外注費・保管料、配送料の費用も含まれている。
  • 自己配送は手数料は安いが別途、梱包費用・人件費・倉庫家賃・配送料等が掛かる。

    ※見た目の金額の安い高いだけで判断はしないようにしましょう!

手数料だけ見るとFBAの方が高いですが、
これだけで自己配送が良いと判断するのは危険なので、
FBAのメリット等もしっかりと把握しておきましょう。

AmazonのFBAとは?FBAのメリットとデメリット!

FBA・自己配送ともに掛かる手数料

Amazonで販売をすると必ず手数料が掛かってきます。
Amazonの手数料は全てお客様に購入されてから掛かる成果報酬での手数料になるので、
商品が売れなければ一切手数料は掛かりません。

では、手数料について詳しくご紹介いたします。

販売手数料
カテゴリ手数料
基本成約量(小口出品者のみ)

販売手数料

販売金額に対しての手数料です。
高額の商品になれば手数料も高くなりますし、
低額の商品であれば手数料も低額になります。

カテゴリーによって掛かってくる手数料が変わってきます。
自分の出品する商品のカテゴリ手数料は把握しておきましょう。
Amazonカテゴリ手数料

カテゴリ手数料

メディア商品(本、ミュージック、ビデオ、DVD)については、
販売手数料に合わせてカテゴリ手数料が掛かってきます。
Amazonカテゴリー成約料

基本成約料(小口出品者のみ)

基本成約料は小口出品者のみに掛かる手数料です。

小口出品者の場合、商品が1点売れる毎に100円ずつの手数料が掛かります。

大口出品と小口出品の違いはこちらを参考にしてください。

Amazon大口登録と小口登録はどっちがいいの?

FBA利用時のみに掛かる手数料

続いて、FBA利用時のみに掛かる手数料をご紹介いたします。

出荷作業手数料
発送重量手数料
在庫保管手数料(月間)

どの手数料もほぼ名前の通りですが、
一応、一つずつご紹介いたします。

出荷作業手数料

商品が購入されるとFBAの場合、Amazonがお客様に商品を出荷してくれます。
その出荷作業の手数料です。

手数料はメディア(小型・標準)、メディア以外(小型、標準)、大型(100cm~170cm)、特殊大型(170~200)に分かれます。
ただ、正直分かりづらいと思いますので、ひとまずはざっくり覚えておけば良いと思います。

 

【小型・標準サイズ】88円~100円
【大型サイズ】530~609円(特殊大型1258円)

ここで言う大型サイズは「45×35×20cmの一辺でも超えるものまたは9kg以上のもの」です。

発送重量手数料

これは発送時の商品の重さに掛かってくる手数料です。
おおよそで良いので覚えておきましょう。

 

【小型・標準サイズ】58円~229円(+1kg:6円)
【大型サイズ】無料

ここで言う大型サイズは「45×35×20cmの一辺でも超えるものまたは9kg以上のもの」です。

Amazon配送重量手数料

在庫保管手数料(月間)

これはAmazonに在庫を保管してもらう為の手数料です。
イメージとしては倉庫代・場所代のようなものだと思ってください。

この手数料がとても分かりづらいです汗
以下の計算式で計算されています。

¥8.126 × {[商品サイズ(cm3)] ⁄ (10cm×10cm×10cm)}×[保管日数 ⁄ 当月の日数]

これは正直、自分で計算するのは大変ですし難しいので、
以下の計算ツールを活用してください。

FBAシュミレーターで手数料を計算する

様々な手数料がありましたが、
すべてを自分で把握しておくことはなかなか難しいと思います。

そんな時にAmazon手数料をすべて一瞬で計算してくれる「FBAシュミレーター」という計算ツールがあります。
Amazon公式のものなので手数料計算の精度も高いです。

【FBAシュミレーターで計算できる手数料】
以下のすべての手数料が計算できます。

  • 販売手数料
  • カテゴリ手数料
  • 出荷作業手数料
  • 発送重量手数料
  • 月間保管手数料
    ※基本成約料(小口出品者のみ)のみ計算に含まれません。

 

 

FBAシュミレーターはこちらから開くことが出来ます。

FBAシュミレーターの詳しい使い方はこちらを参考にしてください。

FBAシュミレーターの使い方を覚えてAmazon手数料を把握しよう!

FBA手数料、自己配送の手数料まとめ

【FBAの手数料】
販売手数料
カテゴリ手数料
基本成約量(小口出品者のみ)
出荷作業手数料
発送重量手数料
月間保管手数料
【自己配送の手数料】
販売手数料
カテゴリ手数料
基本成約量(小口出品者のみ)

自己配送は手数料はFBAと比べると少ないですが、
ただ、実際には配送する際に、「時間」「人件費」「梱包コスト」「配送運賃」等、
様々なコストが掛かってきます。

それらを踏まえた上で、
FBAを使うのか、自己配送を使うのかを考えてみてください。

 

さいごに

FBAシュミレーターを使えば、
手数料を一気に計算する事が出来ますが、
ただ、仕入の際に毎回すべてを入力している結構大変です。
(初心者の頃は毎回すべて入力した方が良いですが。)

その為、ある程度慣れてくると、
上記のような手数料の数字をおおよそ把握しておくと、
仕入値と販売値を見れば、
なんとなくの感覚で「仕入基準を満たしているか?」というのがおおよそ分かってきます。

そうする事によって仕入効率がアップします。

その為にも、手数料に関してはおおよそは覚えておくことをおすすめ致します。

 

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください