Amazon大口登録と小口登録はどっちがいいの?

大口登録と小口登録どっちがいいの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazonの出品者登録には大口登録と小口登録の2種類があります。

はじめての方はどちらで登録したらよいか分からないと思いますので、
どちらで出店すると良いかご紹介させて頂きます。

Amazon大口登録と小口登録の違い

下記の画像を見て頂くと分かりやすいと思います。
Amazon大口登録と小口登録の違い

大口登録と小口登録の違い

重要なポイントだけご紹介していきます。

月額登録費用、基本成約料について

大口出品の場合は月額4900円の利用料が掛かります。
小口出品の場合は、1個売れるごとに100円の基本成約料というものが掛かります。

それなので1か月で50個以上販売するつもりがある方は、
絶対に大口登録にした方がおすすめです。
(50個だと金額はトントンに近いですが、その他の機能を考えると大口がおすすめです。)

しかも、大口登録はお申込みキャンペーンをやっている事も多いので、
ひとまずキャンペーン期間のみ試してみて、
ダメだったら小口登録にするというのも有りだと思います。
(キャンペーン例:1か月間月額料10円、3か月間無料など)

商品登録、カタログ作成

大口登録は商品登録もカタログ作成を自分で作成する事が出来ます。
また、一括登録機能を使って複数の商品を一括して登録する事も出来ます。

小口登録の場合は、既に出品されている商品(カタログ)があるものしか出品できません。
その為、小口登録の場合は出品したい商品が出品されていなかった場合は商品を販売する事すら出来ません。
小口登録の場合は商品は一点一点登録する必要があります。

レポート類について

大口登録は各種レポートを活用する事が出来ます。
在庫の管理や注文の管理がしやすくなります。

小口登録はこのような機能が無いので、
数多くの商品を販売して大きく売上ていく事は難しいと思います。

お届け日時の指定

大口登録はお届け日時の利用が出来ます。

通販で購入したことがある方なら分かると思いますが、
お客様の多くがお届け日時の指定をしてこられます。
お届け日時の指定が出来ない商品は購入率に影響が出る事は間違いありません。

配送料の設定

大口登録は独自の配送料の設定が出来ます。
小口登録はAmazonが決めた送料が適用されます。

小口登録の場合は地域ごとで配送料金を変えたり、
自社の商品にあった配送料金にする事が出来ないのです。

お客様に提供できる決済方法について

大口登録は様々な決済方法を利用する事が出来ます。
小口登録では、クレジットカード、Amazonギフト券、Amazonショッピングカードです。

通販では決済方法の豊富さが売上を大きくするとも言われています。
小口登録の場合、クレジットカードを持っていない顧客層のほとんどをとりこぼしてしまう事になります。

ショッピングカート獲得について

これが最大の大口登録と小口登録の違いといってよいかもしれません。
ショッピングカートの獲得条件は大口登録が条件となっています。

ショッピングカートの獲得って何?って思われる方も多いと思いますが、
下記の画像の緑の枠で囲ってあるところをみてもらうと分かると思いますが、
Amazonでは1つの商品カタログに対して、複数の出品者が商品を出品しています。
(画像の場合は4人の出品者)

同じページを見てもらっても、その他のライバル出品者に勝たないと商品は売れないのです。

そこでAmazonでは、ショッピングカート獲得というものがあります。
下記の画像の赤枠で囲ってある部分の「カートに入れる」をクリックすると、
ショッピングカートを獲得している店舗の商品がカートに入るようになっています。
(ワンクリックで販売商品がカートに入れてもらえます。)

カートを獲得するとAmazonでの販売が飛躍的に伸びます。
(ある商品で売れないなーと思っていたらショッピングカートを取った瞬間に一瞬で10個以上売れるなんて事もあったりします。)

それくらいにAmazon上ではショッピングカートを獲得するというのが重要なのです。
その重要なショッピングカート獲得の条件が大口登録なので、
私からするとこれだけでもAmazonで出店していく以上は大口登録にする必要があると思っています。

Amazonカート獲得条件

【まとめ】大口登録と小口登録どちらがおすすめ?

副業にしても「稼ぎたい」と、
ビジネスとして考えるのであれば、

大口登録にしましょう。

ただ、いきなり大口登録は不安という方もいると思いますので、
Amazonに出店するのはどういったものなのかを体験のために
ひとまず小口登録をして、お試しをしてみるというのはとても良いと思います。

ただ、今後、本格的にやるには必ず大口登録にする必要はあります。

もし4900円の月額費用を支払うのが厳しいと感じるのであれば、
恐らく、仕入すらまともに出来ないと思うので、
まずは不用品販売(小口登録やヤフオク)、アルバイト等で軍資金を稼いでから、
Amazonの出店登録をしましょう。

副業にしても数千円のお小遣い稼ぎ程度のレベルでなければ、
大口出品登録の一択になります。(小口登録はお試しや不用品を販売する程度の場合のみ。)

最後に大口登録と小口登録の違いをまとめてみました。

大口登録と小口登録の違いのポイント
  • 【重要】ショッピングカート獲得は大口登録が条件。(ショッピングカートを獲得すると一気に売れる)
  • 大口登録は4900円掛かるが、小口登録は基本成約料(1件100円)のみ。毎月50個以上売るなら大口登録!
  • 大口登録はAmazonに掲載されていない商品も登録可能。小口は商品登録があるもののみ出品可能。
  • 大口登録は購入者に提供できる支払い方法が豊富(購入されやすくなる。)
  • 大口登録はお支払い日時指定の利用が出来る。(購入されやすくなる)
  • 繰り返し販売を目的とする場合は大口登録の必要性(特定商取引法の表記)

大口登録と小口登録の違いが分かったところで、
早速Amazonに出品登録をしてみましょう。

出品登録の方法をまとめてありますので、
そちらを参考にしてください。

Amazonセラーセントラル出品者登録する方法

この記事が少しでも役に立ったと思ったら応援クリックをお願い致します。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


▼おすすめの無料教材▼

今なら登録者全員に1万円プレゼント

次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です